ARTICLES

MacBook 12 インチから音が出なくなった日

2019-07-14

同じようなトラブルがあった人がググりやすくするために個別事例として書いておきます。

今朝のことですが、メイン PC である MacBook 12 インチから音が出なくなりました。

動画を見ていた際に音の調節が出来なくなったことから問題が始まりました。なんか Fn キーと F10 や F11 で音量の変更が出来ず、何かおかしいかもしれないということで再起動して以降、音が本格的に鳴らなくなりました。ちなみに前後で何か新しいアプリケーションをインストールしたとか、OS をアップデートしたとかはありません。

さて、音が鳴らなくなったというのは具体的にどういうことかというと、メニューバーの上のところにある音量アイコンがグレーな状態になっていて、音量を調節しようとしてもスライダを動かせず、また、ショートカットキーを押したところで、音量のインジケーターにバツ印がついているという状態です。システム環境設定 から サウンド を確認しても、内蔵スピーカーが認識されていません。つまり、はっきりとシステム的に内蔵スピーカーが使えない状態になっているため、音が鳴らないということなのです。

よく昔からの Mac のトラブルシューティングの一つに PRAM のリセットというのがあります。PRAM のリセットは、公式情報としては以下のページに詳細が書いてあります。

これで直るというケースもあるかもしれません。僕の場合は直りませんでした。

もう一つそういう系のリセットに SMC (システム管理コントローラ) というものがあります。こちらは、ローレベルの機能を制御している機構とのことで、詳しくは公式ドキュメントに記載があります。

僕は、この SMC のリセットで無事音が出るようになりました。

サウンドに限らず、おかしくなった場合はこれらのリセットをまずやってみようと思います。もし同じようなサウンドトラブルで焦った人の参考になればと書きました。


ARTICLES


    AUTHOR

    原 一浩 の顔写真

    (はら) 一浩(かずひろ)

    カンソクインダストリーズ代表 / グレーティブ合同会社代表

    1998年に独立し、同年、ウェブデザイン専門のメールメディア DesignWedgeの発行を開始。Webデザイン業の傍ら、海外のWebデザインに関する情報発信を行う。
    雑誌への寄稿多数。主な著書に『はじめてのフロントエンド開発』『プロセスオブウェブデザイン』、『Play framework徹底入門』、『ウェブデザインコーディネートカタログ』など。自社製のWebデザインのクロール&キャプチャシステムvaqumをベースに、様々なリサーチを行っている。Web 検定プロジェクトメンバー

    著作一覧はこちら